カテゴリー: 難病

病気経過と難病への道のり。その2

こんばんは~。

秋晴れが続いております(^-^)

なんて心地良いんだぁ〜♪

前回からの続きです。

書き始めから
ちょっと時間が経ちましたが…(;´Д`A “`

時系列で振り返る(2016年前半)

年が明けて、2016年1月上旬

  • 病院でCTを撮ってもらうと腫瘍があると判明する。
  • でも、この病院では詳しく調べられないと言うことで
    大学病院を紹介された。
    初めて造影剤を使ってCTを撮ったり、血液検査すると
    腫瘍ではなく動脈瘤と診断される。
  • この時のCTでお腹近くまで画像を撮っていて
    たまたま腹部大動脈解離の疑いと
    他の血管にも小さな解離や瘤があると疑いがかかる。
  • そして、改めて造影剤を使ったCTでお腹を撮影される。
    すると解離性大動脈瘤と
    幾つかの小さな解離と瘤があると診断される。

この時の記事:

3月上旬

  • 首の付け根の動脈瘤をもっと調べたいと言うことで、
    初めての検査入院でカテーテル検査をする。
    この検査結果で首の付け根の動脈瘤が
    椎骨動脈瘤と断定される。
    この動脈瘤は、とても難しい手術らしく
    東京の大学病院を紹介される。
  • そして、日を改めて、大学病院で造影剤を使って
    椎骨動脈瘤をCT撮影する。
    診断の中で、今まで撮った画像をよーく見てみると
    首には椎骨動脈瘤、お腹には解離性大動脈瘤、
    あと、小さな解離と瘤が全部で6ヵ所あると指摘される。
  • どの病院でも言われた事ですが、
    僕は、血管などの結合組織が弱いらしく、
    この事と他の要因から
    難病のエーラスダンロス症候群と疑いがかかる。

この時の記事:

4月下旬

  • この難病を調べる為にまた、他の大学病院を紹介されて、
    遺伝子検査をする事になる。 
  • この遺伝子検査をして、結果が出るのに半年位かかると聞き、
    2週間位で結果が出ると思っていたので、凄くびっくりした。

この時の記事: