カテゴリー: 豆知識

エーラスダンロス症候群について

こんばんは~。

最近の医療の発達によって
遺伝子の病気がいろいろと発見されてきています。

その中で、血管の病気はいくつか種類があるのですが
最後に難病に指定されている
エーラスダンロス症候群血管型について
少し書きたいと思います。

まだまだ更新されていきそうですが、
今のところ、
このエーラスダンロス症候群は、現在(2022年)13の病型に分類され、
その中の血管型に僕の場合は該当してしまいました。

このエーラスダンロス症候群は、
遺伝的に体内の結合組織の異常が見られ、
関節や内臓、そして、血管などが
脆くなったりする治療法のない遺伝子疾患の1つです。

そんな理由でかどちらかと言うと
お年寄りの病気と言われている
動脈瘤や解離が出来やすく
僕の場合は、大小合わせて複数存在しています。

その中の1つは、
首の付け根に椎骨動脈瘤があるのですが、
これは、半分だけ切除して半分残っています。

術後の経過も良く経過観察継続中です。

また、特に腹部解離性大動脈瘤があり、
大きさの経過観察中です。

初めて大学病院で胴体のCTを撮影した時に
病院の先生が画像を観て、
ここにも、あ、ここにも…
いくつもあるねって言われた時は、
僕自身、とても驚きました(・・?)

かなりショックでした(T_T)

でも、どう言う状況にしろ
今は、とりあえず元気に過ごせているので
これからの目標をしっかりと持って
頑張っていきたいと思います٩( ‘ω’ )و 

投稿者:

ブログ管理人の「のっちゃん」と申します。現在、動脈瘤などの血管の病気の為、療養中につき、経過報告や普段何気ない出来事を中心にして、大好きなお散歩、そして、毎日の空模様を選びながら、綴っていきたいと思います。 よろしくお願いしますm(__)m

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中